中学生は、忙しい!!

塾長談義

開塾以来、ほぼ一年近く、塾生を見てきました。

改めて、いろいろ見えてきたり、分かってきたりした事があります。

その第一番目は、「子供達は、忙しすぎる!!」という事。

このAI教材は、基礎力を底上げするには、もってこいの教材なのですが、

その代わり、しっかり時間をとって取り組んでもらう必要があります。

開塾後、数ヶ月ほどの経緯から、最低週3回は必要との判断に落ち着いた。

それが、ほかの条件はそのまま、通塾時間を5割り増しに変更した理由でした。

ところが、特に中1、中2生は部活動に割かれる時間が多く、

土・日曜日も全日では無いものの、普通に活動時間が入るようです。

さらに毎日、各教科、相当の宿題も出されています。

のんびり過ごしていた6年生が、いきなりの忙しさに、

面食らうところでもある様ようです。

気がつくと、最初の定期テストが終わり、「ガーン!」、

「こんな成績とったことが無い!!」 となる子も中には居るようです。

ここからブルーな学校生活始まらないとも限らないと言う事です。

何か大きなベルトコンベアーが脳裏に見え隠れしてきますが、、。

もちろん、これに乗った方が生き易い子もいるでしょう。

でも乗れない子が居ても「不思議はないよなぁ~」と思ってしまう。

 

まあ、本学習システム・「すらら」のことを言うと、

忙しくて週3回の通塾は厳しいというお子様でも、この教材を家で開くことができます。

週2は通塾、週1は自宅での補充学習で時間調節してもらえれば理想的と考えています。

負けるな中学生!!自分の未来は自分で作れるよ。

関連記事一覧