未来の学習スタイルでゆとりの学校生活を!

塾長談義

勉強を教えてもらう時
.
① お一人様対応の個別指導=家庭教師。
② 2〜3人で時間をシェアする個別指導。
③ そして一般的な一斉授業(5〜??人)。
.
以上の3形態がありますよね。
皆さんは、どの形で教わりたいですか?
ご父兄さんでしたら、お子様にどの勉強環境を用意しますか?
.
①の形式で、プロ級講師が科目ごとみてくれるのが理想!!
さらに言えば、③ぐらいの授業料なら言うことないと思います。
そして一人だけより、学び合いできる仲間もいた方が刺激になります。
.
さらにつまづきを判断してやるべきことを指摘し、宿題やテストに対応できる。
できないところまで遡るなどお手の物。何度でも説明してもらえるから、学び損なうことがない。
先取り予習もバッチリできるので、学校での初単元も一発で理解できるようになる。
何より講師との対話形式で飽きずに時間を忘れて勉強できる。
.
こんなのあったら良いなと思う凄い学習システムです。
知ってやってる地域がほぼ西日本と北海道。
東京以北が出遅れて、しかも気づかずにいる。

そこで立ち上がったのが、もと木村塾(ジュニア英語会)の塾長ってわけ。

 

お問い合わせ

 

関連記事一覧